病児保育施設からの看護師の求人

5月 30th 2014 -

病児保育施設は、病気や怪我の子供を預かるといった特性から、看護師が必要とされる施設です。
子どもが病気や怪我を負っていても、会社を休むわけに行かないといった親も増えていることから、近年増えている施設です。
それに伴い、看護師の求人も出されています。
事象のベビーシッターによる事件も増加していますので、待機児童の問題やこのような施設の増設が望まれるところではありますが、まだまだ圧倒的に足りない状況です。
施設の増設によって、看護師の求人も増えてゆくことでしょう。


<施設による仕事内容の違い>

施設によって預かる子供の年齢層も違います。
1才から6才までの子供を預かる施設もあれば、小学校の3年債までを預かる施設もあります。
小さい子供なら小さいなりに、大きければ大きいなりに苦労が違いますので、そこで働く看護師に掛かってくる負担も違います。
また責任の重さも大変なものです。
また専門性の高い知識や経験値を有する看護師が求人では求められることも多く、それによって親からの信頼を得ているということもあります。
核家族化の社会ですから、親が頼りにして相談をするということもあります。
保健師のような役割も担うこととなります。

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー